←3DSのHBL用アプリ開発 トップへ

004.スライドパッドの位置を取得する

スライドパッドの位置を取得します。(タイトルと変わりませんね...)

最終更新:2017/05/18




はじめに


スライドパッドは、3Dのカメラの視点を変えたりする時などに使えます。
スライドパッドの位置はすごく簡単に取得できるので、簡単にプログラムに取り込めます。

スライドパッドの位置を取得する


タッチ位置を取得するのは簡単で、hidCircleRead関数を使うだけでできます。
hidCircleRead関数の引数にはcirclePosition構造体(Point構造体的なもの)へのポインタを指定します。
//circlePosition構造体
typedef struct
{
    u16 dx; //X座標
    u16 dy; //Y座標
} circlePosition;

-156 ≦ X ≦ 156、-156 ≦ Y ≦ 156の値が取得できます。




[前へ] [次へ]

(C)2017 InoueSoftware / 無断転載禁止